03 Costs

いくらかかる?

気になるお金の話

お金はいくらかかるの?

シバタスペースでは、お客さまのイメージご予算とのバランスを見ながら、設計士が間取りや素材をご提案し、設計していきます。
さまざまな費用に関するご質問や資産もその場で概要のお見積りを出すことが可能です。
まずは建物を建てるのにどれくらいの金額がかかるのか、参考までに下記の施工事例でご確認ください。

建物本体工事(※仕様・断熱性能が2016年基準の場合)

総額
1,650万円
基礎工事等
110万円
構造材・構造用合板等
312万円
サッシ・窓ガラス等
119万円
外壁材等
135万円
塗装工事材
28万円
屋根工事材
61万円
室内ドア・床材等
87万円
大工手間等
190万円
内装仕上工事等
58万円
給排水工事・浄化槽等
62万円
電気工事等
56万円
住宅設備機器等
195万円
その他雑工事
115万円
消費税
122万円

本体工事以外に必要なもの

付帯工事(足場・仮設電気/水道等)
118万円
敷地内給排水等
84万円
設計申請料
58万円
消費税
20万円
総額
280万円

施工面積(バルコニー含む)
119.24㎡(36.7坪)

なぜシバタスペースは安く建てられるの?

シバタスペースには営業がいません。
また、モデルハウスもありません。
設計士がお客さまと直接コミュニケーションをとる
ことで、共有したイメージが直接設計イメージへと
つながり、時間のロスも最小限にとどまります。

お客さまに満足いただける一棟を建て続けているか
らこそ、「あんな家を建てたい」というお客さまが
また増えていく。
それがなによりの営業活動だと思っているからです。
効率のよいコストカットを採用しながら、家づくり
一本で勝負してます。

また、施工する棟数が増えることは、多くのメリット
を生みます。
その中でも、大工工事や材料の確保など、多く発注を
かけることで安定した価格でご提供できるようになり
ました。

ここ数年でも、施工実績を認めていただき、数多くの提携業者様のご協力により
材料費のコストダウンも実現。
この施工実績を維持するために、わたしたちは今日も、最高の一棟を作り続けているのです。

モデルハウス・営業人件費など余分な経費をカット。
大工工事の空きをなくすことや材料の大量確保でコストカットを実現しました。