埼玉県東松山市上唐子1425-8

東松山の建築士事務所シバタスペースTOP > 素材へのこだわり

素材へのこだわり

天然木の癒し効果と安全性

天然木(無垢材)とは自然の木そのもので、強度や防火性能、断熱保温性、吸音効果、調湿性能など優れた特性をもっている素材です。
室内が冷えていても、無垢材の床はフローリングのように冷えることなく、暖かい足の裏が触れても結露が起こりません。
肌触りも良く見た目に温かみがあり人気の素材です。

天然木(無垢材)の特徴

温度を調整する。

天然の木は、伐採された後も呼吸を続けます。
湿気が多くなれば水分を吸収し、乾燥すると内部の水分を水蒸気として空気中に放散する、
いわば天然素材のエアコンです。

ダニ、カビ、殺菌効果に強い

木の精油には、ダニ、カビ、殺菌類の増殖を抑える効果があります。
ヒバ、檜、米ヒバ、米杉、赤松などの天然素材はアレルギーや喘息の原因といわれる
ダニの増殖を抑える事ができます。

夏涼しく冬暖かい家。

天然木の断熱性能はコンクリートの約12倍と言われるほどで、周囲の温度に影響されにくいのが特徴です。
夏は木に触れてもベタベタすることがなく、とても爽やかです。
冬はほんのりとした温もりを感じることができます。天然木の住まいではエアコンに頼る頻度が低くなるため、
体への負担が軽減されるとともに、省エネにも役立ちます。

地震に強い。

「くるい」なく建てられた木造建築物の耐震性は、鉄骨造・鉄筋コンクリート造を圧倒的に上回っております。
伐採後に十分に乾燥させた木は、呼吸しながらも乾燥が進み硬化してより一層強度が増していくのです。

シックハウス症候群の対策を忘れずに!

家創りには、人間にとって最も身近な存在である自然素材をふんだんに用いるのが理想的です。
化学合成物質は、住まいの見えない部分、気づきにくい部分に使われるケースがほとんどです。
こうした化学合成物質はできるだけ使わない住まいを追求していくことが大切です。
人に身近な木や土など呼吸する生物材料を使うことが大切です。

肌触りが優しい無垢の床が標準仕様

年々、味が出て、温もりがあり、高級感もある。
木の優しい香りに包まれて、1年中素足で暮らせる心地よさ。
私たちがご提供する住まいは無垢の床が標準仕様です。
*一部、標準品以外のものも含まれています。

天然木(無垢材)写真

乾燥材への拘り

乾燥材への拘り写真1
同じ体積の材木でも、乾燥材と、どうでないものでは重さが全く変わってきます。 左の乾燥材に、2リットルの水を置いても、まだ乾燥前の材木の方が重たいのです。 こちらは、会社にお越しいただければご体感いただけます。
乾燥材への拘り写真2
オリジナル木材乾燥機「ドライランバー」。
乾燥材への拘り写真3
乾燥室内部を130℃まで上げ、木材の水分を蒸発させます。

無垢材のメリット・デメリット

結露が生じにくい
木は呼吸する素材の為、調湿効果を持っています。 お子様やお年寄りの方にも優しい住まいと言えます。 木の持つ調湿性能は室内の湿度環境に最適と言われている55%~70%に保ちます。 その為、カビを繁殖させたり、ダニや細菌の原因のひとつとなっている結露を防ぐことができます。
シロアリが住みにくい
木造住宅の大敵シロアリです。
シバタスペースでは土台や大引きにはカビやダニが発生しにくく、 家全体の荷重を支える郷土に加えシロアリを寄せ付けない成分「ヒノキチオール」を 多量に放出する自己防衛本能を持つヒバ材を使用し、構造を長持ちさせています。
反りやすい

無垢材が反る原因として、乾燥の不十分であることがあります。乾燥させるためには時間や技術が必要になりコストにも繋がる部分ですが、乾燥の目安に含水率があります。

木材の含水率=木材の重量-全乾燥重量/全乾燥重量×100

シバタスペースでは提携無垢材乾燥工場の協力もあり含水率18パーセント以下の乾燥無垢材を使用しております。

シバタスペースの家づくり